【12月のルアー釣り】初心者が手軽に狙える魚&釣り方を紹介

12月に入ると冬を感じることが多くなりますが、魚たちにとっては捕食を活発に行う季節です。
他の季節よりも確実にサイズアップした、活性が高い魚たちをルアーで狙うことができます。
今回は、12月に初心者でも手軽に狙える魚と釣り方を紹介します。
文末には、12月の釣りの注意点について紹介していますので、最後まで読んでくださいね。
スポンサーリンク

【12月のルアー釣り】初心者が手軽に狙える魚&釣り方を紹介

<シーバス>

12月はシーバスにとって産卵前の大事な時期です。産卵に向けて体力をつけようと活発に捕食を行います。丸々とした綺麗な魚体が、この時期のシーバスの特徴です。
シーバスの産卵は20メートルより深い水深で行われると言われており、徐々に深場へと向かっていきます。
狙うポイントは、外海に面したサーフや磯がおすすめです。
12月は湾奥での釣果をあまり聞かないようになりますので、そういった場所は避けた方がよいでしょう。
この時期は大型のシーバスがヒットする確率が高いので、パワーのあるタックルを使います。
ルアーは、大きくなったベイトサイズに合わせたものを使うとよいでしょう。
風が強くなることも多いので、遠投できるミノーバイブレーションを使うことをおすすめします。ルアーはスローにアクションさせるとよいと思います。
チャンスタイムであるマズメは、朝は他の季節より遅く、夕方は早くなるので時間帯を合わせて釣行するようにしましょう。

<ヒラメ>

少し荒れた天気が増える12月は、ヒラメにとっては好条件の季節です。
特にサーフでは、岸に向かって風が数日吹き続けるとベイトが岸に寄せられてきて、ヒラメの活性を上げることがよくあります。
ヒラメは非常に成長が早く、1ヶ月に4cm成長するとも言われていますので、春に生まれたヒラメは、12月になれば35~40センチくらいになります。
このクラスのサイズのヒラメはルアーを活発に追ってくるので、初心者にとっても狙いやすいです。
タックルは基本的な9.6ftクラスのものを使うとよいでしょう。
ルアーは12cmクラスのミノーをはじめとして、メタルバイブレーションスプーンなど強風でも遠投できるものを選ぶとよいです
1か所で粘るよりは、できるだけ広範囲を探るほうがよい結果になると思います。

<アオリイカ>

12月になると秋に新子やコロッケサイズと呼ばれたアオリイカが、500g程度まで大きくなります。
このサイズになるとエギへの反応が非常によくなり、群れで居ることが多いので初心者にとって非常に狙いやすくなります。
浅場にいることも多く、目でアオリイカを見つけてサイトで狙うこともできます。
偏光サングラスを装着しているとより水中のアオリイカを見つけやすく、釣果を伸ばすことに
繋がります。
一方で水温が低下すると、アオリイカは極端に活性が低くなりますので、12月は天気のよい晴れの日を狙って釣行するとよいでしょう。
タックルは小型のエギを扱いやすいライトなものを使ってください。
エギは2.5号から3号くらいまでのもので、カラーは明るめと暗めのものを色違いで数種類用意しておくとよいでしょう。
基本的には、鋭くしゃくってアクションさせ、アオリイカのスイッチを入れるようにしたほうがよいと思います。
アオリイカは興奮すると色が濃くなる特性があるので、サイトフィッシングの場合はそれを観察しながらアクションの調整をするとよいでしょう。

<12月のルアー釣りの注意点>

●気温の変化に対応できる服装で
12月は日中、晴れていれば軽装でも過ごせますが、曇っていたり朝夕になるとかなり寒くなります。気温によって調整が利く服装で釣りをするようにしましょう。
私は、透湿防水素材のウィンドブレーカー、もしくはレインスーツを風よけとして羽織り、中にはフリース素材のものを着て釣りをするようにしています。
●天気予報をしっかり見て釣行
12月になると寒波の影響や西高東低の気圧配置により、北寄りの強風が吹く日が多くなります。釣行の際は事前に天気予報をしっかりチェックするようにしましょう。
晴れなのか雨なのかはもちろんですが、風と波の予報をしっかり見るようにしましょう。
私の場合ですが、波が2.5mの予報だと釣りにならないことが多いので釣行は控えるようにしています。

<まとめ>

12月のルアー釣りについてまとめると、
●シーバス・・・産卵前で活発に捕食する、外海に面したポイントがおすすめ
●ヒラメ・・・ルアーを活発に追うサイズが多くなる、ルアーは遠投できるものを選ぶ
●アオリイカ・・・エギへの反応が非常によくなる、晴れの日を狙うのがおすすめ
●気温の変化に対応できる服装で釣行する
●天気予報、特に波の予報はしっかりチェックする
12月は寒くなってきますが、まだまだルアーで魚を狙って釣ることができる季節です。
釣り人が少なくなってくることもあり、普段は人気スポットで釣りができないような場所でも竿が出せたりと、魚に巡り合えるチャンスは多いと思います。
今回の記事を参考にして、年を越す前にわくわくするような釣りをぜひ体験してみてくださいね。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。