鮎釣り初心者 2017年初心者におすすめの鮎竿3本

年が明け、2017年の鮎新製品情報が続々と舞い込んでくるようになりました。
実際に商品を手に取って触れることのできるフィッシングショーに向け、カタログを読み込んでいる方も多いのではないでしょうか。
そんな新製品の中から、初心者におすすめの鮎竿を、ダイワ・シマノ・がまかつより
選んでみました。
スポンサーリンク

鮎釣り初心者 2017 初心者におすすめの鮎竿3本

グラフィックス1-3

(ダイワ)プロトギア87

以前に販売されていたプロトギアのシリーズが8.7Mとワンアイテムで復刻リリースされました。価格帯はそのままに竿のコンセプトは一新されています。
短竿の長所と80~85にはないプラス30㎝の攻撃範囲、そしてエアタイプS H調子を継承しているとのことで、初期~盛期まで十分に使い勝手がありそうです
一番い驚いたのは自重、この価格帯で215gです。ワンランク上の価格の帯エアシリーズに匹敵する軽さです。近年の新製品は鮎用品に限らず低価格帯の高スペック(機能)でありながらコストパフォーマンスに優れていると感じます。
中節の無塗装により自重軽減はもちろん、持ち重りの軽減や感度・操作性も上がるとされています。

(シマノ)プロセレクトFW

トーナメントシーンで全国制覇を幾度も成し遂げているシマノのテスター小澤 剛氏が開発に携わる人気のFW調子がプロセレクトシリーズに追加ラインナップとして新登場しました。
昨年発売されたプロセレクトVSも話題となりましたが、前述したようにこちらもコストパフォーマンスに優れた製品です。
カタログには「スペシャル競シリーズと言って手渡されたら、分からないかもしれない」と掲載されているほどに完成度が高い竿が中堅クラス以下の価格帯で発売される事になります。
長さは80、85、90と初心者におすすめの短竿から河川幅に合わせて選べる90もラインナップ。
80はサブロッド的な認識もありますが、鮎竿を使い慣れない初心者の方には操作性を重視して選んでもらう事も重要です。

(がまかつ)がま鮎競技GTR

かつての競技シリーズより価格帯をワンランク抑えてリリースされたと言えるGTIシリーズ。血筋は競技スペシャルV6にありながら、徹底してコストパフォーマンスにこだわったとしています。
4タイプから選べるパワーラインナップも魅力ですが、中でもこの新シリーズにしかない「極み泳がせ90」は初心者ならまず通るであろう「泳がせ釣り」に特化した専用設計で、ノーマル仕掛けで泳がせる基本から、オトリを弱らせ難い柔軟さも兼ね備えています。
中小河川での22センチ程度までがターゲットと、盛期まで使えるのも魅力です。

まとめ

以上、各メーカーの新製品を3点あげてみましたが、どのメーカーも以前では考えられない様なコストパフォーマンスです。
メーカー側も、多くの初心者の方に鮎釣りの面白さを伝えたいと同時に、高額な鮎竿のイメージを払拭するべく開発努力しているという事が窺えます。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。