これからがハイシーズン!夏のライトハタゲームについて解説

グルーパーゲームとも呼ばれるハタゲーム。初心者のかたも含めて、誰でも気軽にエントリーできるのが魅力です。ルアーで狙えるということもあり、近年ではゲーム性の高さにも注目が集まっています。
今回はショアからライトタックルで楽しめる夏のハタゲームについて、タックルやポイント解説もあわせて紹介します。

スポンサーリンク

これからがハイシーズン!夏のライトハタゲームについて解説

これからが秋にかけてハタゲームのハイシーズン

ショアジギングやロックフィッシュゲームなどの釣果にも登場することが珍しくないハタですが、一言にハタと言っても、キジハタアカハタ、オオモンハタなど釣れる種類は海域や地域によって様々です。シーズンは6月~10月いっぱいの水温が安定して高い時期です。まさにこれからがハタのハイシーズンを迎えます。

ポイントはエギングやロックフィッシュと類似

基本的には根魚の分類となりますから、釣り方もポイントもおおよそロックフィッシュと同じイメージとなります。
根周りに藻が群生しているポイントや、キャストして届く範囲内の沖にブレイク(かけあがり)があるポイントがおすすめです。
また、ハタがいる海域でのサーフでもゴロタ石などが点在していれば十分釣果に期待できます。
気にしてほしいのはベイトの存在。ショアジギングでの釣果にハタが混じることからも分かるように、獰猛なハタにはベイトの存在が釣果に繋がる重要なポイントです。

タックルはメバリングやエギングタックルを流用可能

ライトハタゲームで釣れるサイズは基本的に20センチから、大きくても40センチまでです。
このことからメバリングやエギング等のソルトゲームのタックルを流用することができます。よりヘビータックルで沖へキャストしたいと考えれば、シーバスタックルなどもおすすめです。近年では、メーカーから専用タックルが続々と発売されています。

●ロッド

エギング・メバリング・シーバスタックル(7ft前後)

いずれも使用するルアーウェイト、魚のサイズに合わせて選んでください。


●リール 

シマノ シティカ 201HGシマノ リール 15 シティカ 201HG (左)

・スピニングリール2500~3000番クラス

・ベイトリール100~200番クラスのキャスティング可能モデル

リールはスピニングリールで問題ありませんが、タックルを揃えようと考えているなら断然ベイトタックルがおすすめです。
根周りをピンポイントに高い精度でキャスティングでき、ルアーフォール時にも片手で簡単にクラッチを切る事ができる手返しの良さが一つ。さらにヒットした際、根に潜られないようフッキングからのやり取りにパワーがある方が安心です。

●ライン PEライン0.8~1.5号

●リーダー フロロカーボン3~4号(12~16lb)

おすすめのルアーと釣り方

根魚で使用するルアーで一番初めに思い浮かぶのが、ワームを装着したテキサスリグではないでしょうか。
根周りやゴロタポイントは根掛りが多発するため、ロストした時のダメージが低いのも大きな理由となりますよね。使用するワームは、甲殻類系やテールが大きいものなど、アピール力の高いものを選びましょう。

「キジハタホッグ3″」エコギア ルアー キジハタホッグ3 373 ロックフィッシュインパクト2

釣り方は、キャスト後ボトムからだいたい20センチくらい上をイメージしてゆっくりリトリーブしてくるか、
岩礁や沖の沈み瀬など側面をリフト&フォールでなぞるように探ります。砂地が混じるようなポイントではボトムノックをアクションに加えるなど、基本はボトム付近をイメージして釣ってみてください。
広範囲でボトムを探る時には、飛距離もだせて効率的なメタルジグやバイブレーションが有効です。
同じく、ボトム付近をリトリーブすることが基本です。根掛りに注意し広範囲に探ってみてください。

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。