《堤防釣りの仕掛け》細タックルだからスリリング、ルアーのアジ釣り(アジング)

アジング
スポンサーリンク

アジングタックル

アジングジグヘッド

糸と金具を結ぶ、ユニノットの結び方

アジ、メバルなど
時期 秋がメイン(一年中可)
場所 堤防、岸壁

ロッドで釣果が決まる

アジはアタリが小さくてしかも、フッキングの難しい魚です。そのため、感度の高いロッドの使用が必須となります。感度の高いロッドとは、ティップが高感度仕様のものであったり、ロッド自体が軽量でなければなりません。そのため、最低限守っておきたいのが、前述の通りのアジング専用ロッドを使用することです。なお、ロッドがよくても、それに合うバランスのリール、ライン、リグでなければ、ロッドのポテンシャルを十分に発揮することができないのでお忘れなく!

アジング専用ソフトルアーの特徴

アジは、吸い込んでエサを捕食するため、ソフトルアーの素材が柔らかいほどよい傾向があります。最近ではそれに加えて、匂いを添加してより食い込みをよくするアイテムが増えています。形状はストレートタイプをベースに、反応のないときはアピール性の高いシャッドテールやカーリーテールをローテーションします。ソフトルアーのサイズは1〜3インチ程度、カラーは夜行のホワイト系をベースに、赤、緑などをローテーションしましょう。

 

Let’s enjoy horse mackerel Fishing! 

アジ釣りを楽しもう!

 

タイトルとURLをコピーしました