【ルアー初心者必見!】2017年春、ルアー釣りに使いたい注目アイテムベスト5

2017年もはや数か月が過ぎ、春めいた季節になってきましたね。
みなさん、今年の釣果は上がっているでしょうか?
春といえば、新製品が続々と発売される時期でもあります。
フィッシングショーや全国各地で開催されるイベントでも、気になる新製品がたくさん紹介されています。
そこで今回は2017年春、ルアー釣りに使いたい注目アイテム BEST5 を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

2017年春、ルアー釣りに使いたい 注目アイテム BEST5

1位【ダイワ セオリー】

最先端テクノロジーを惜しみなく盛り込んだスピニングリール
春の新製品といえばやっぱりリールですが、その中でも特におすすめなのがセオリー!
とにかく軽量化されていますので、長時間の釣りでも疲れにくいです。
ハイギアやダブルハンドルモデルを含む、全11機種のラインナップとなっており、
シーバスはもちろんのこと、メバルやアジ、エギング、ショアジギングまで、狙う魚や釣り方に合わせて選択に困ることがありません。
海水や埃の侵入を半永久的に防ぐとされるダイワ独自のテクノロジーマグシールドや、軽量であり高強度のザイオン素材ATD搭載など、最先端機能が満載です。
これだけの機能を搭載していながら、2万円台で購入できるコストパフォーマンスにも優れたリールです。

2位【シマノ エクスセンスDC】

話題のベイトシーバスに使いたいDCシステムのベイトリール
ベイトシーバスで怖いのが、ライントラブルです。
特にPEラインを使用しているときにバックラッシュしてしまうと、修復にタイムロスは否めません。そんなバックラッシュをデジタルコントロールシステムにより、軽減してくれるのがこのベイトリールです。
基本の4つのモードを、さらに8段階で細かくセッティングできるようになっています。
慣れないうちは、ブレーキがMAXの状態から徐々に弱へとセッティングするとよいでしょう。
もちろんナイロンラインやフロロカーボンラインにも対応しているので、状況に合わせて使用できます。
シルキーな巻き心地をアシストするマイクロモジュールギア、さまざまなリトリーブやファイトでメリットにつながるエクストラハイギア、ギアの巻き上げに一役買ってくれる強靭なHAGANE ボディなど、多くの機能が搭載されたベイトリールです。

3位【シマノ アルテグラ】

魚種を選ばないハイコストパフォーマンスのスピニングリール
価格が1万円台と、搭載機能から考えてもハイコストパフォーマンスのスピニングリールと言えます。
1000番からC5000番までの全12機種のラインナップで、メバルやアジからショアジギングまで魚種を選びません。
各所に水の浸入を防ぐシーリングが施してあり、錆や塩噛みが気になるソルトウォーターゲームでも安心して使うことができます。
また、より手元に重心のあるGフリーボディーの採用により、自重の軽量化だけでないバランス設計で、持ち重り感を軽減させています。
価格は抑えたい、でもより高性能なリールが欲しい!そんな方におすすめのリールです。

4位【アイマ シュナイダー13】

小型ベイトを追うシーバスに使いたい、メタルバイブレーション
春のデイシーバス狙いでは、小さなベイトを捕食しているシーバスを攻略するパターンが多くなります。
そこで使ってもらいたいのがこのメタルバイブレーションです。
前年に発売されたシュナイダー28のダウンサイズモデルで、春先の小さなイワシなどの、マイクロベイトパターンに最適です。
2つのラインアイの使い分けで、アクションに強弱を加えることができます。
水が澄んでいたり、プレッシャーが高いような場所では前側のアイに結束してタイトなアクションで誘い、水が濁っていたりスローに引きたい状況では後ろ側のアイに結束してワイドなアクションで誘ってみてください。
軽さを活かして、シャローが続くような干潟でも活躍してくれることでしょう。

5位【ダイワ モアザン スライ95F】

バチ抜け攻略に使いたいフローティングルアー
春のシーバス攻略のキーワードといえばバチ抜け。
バチ抜けを攻略するにはバチがいるレンジをしっかりと誘うことが重要です。
バチ抜け攻略ルアーとしては珍しいフローティングタイプなので、水面から水面直下をキープして、シーバスにアピールすることができます。
リトリーブスピードによって泳ぐ層を大きく変えないのが特徴なので、そのときのバチの泳ぐスピードに合わせて使いましょう。
自重は軽いですが、重心移動ウエイトの採用で、安定した飛行姿勢で飛距離を伸ばすことができます。
また、ショートボディーでありながら3フック仕様なので、吸い込む力が弱い春のシーバスでもしっかりとフッキングすることができます。

<まとめ>

最新アイテムを使っての釣りは、考えただけでもとてもワクワクしますよね。
冬から暖かい春へと季節が変わったことで、魚たちも徐々に活性が上がってきているはずです。
ぜひ今回の記事を参考に2017年の新製品を手に取って、釣り場へと足を運んでみてください!

つりトップとは

堤防釣りの仕掛け、季節別(春、夏、秋、冬)に釣れる魚、釣り方、釣り場、ポイントをわかりやすく解説。おすすめのリール、ロッド、ルアーなどの釣り道具の情報を掲載。太刀魚、エギ、バス釣り(琵琶湖)、メバル、シーバス、カゴ釣りのコツを紹介しています。